プレスリリース活用法 Com Studio in Southern California

| Home | Sitemap |
アメリカ進出支援・市場調査、広報・宣伝・広告・PR  Com Studio in Southern California
  space  
line

プレスリリース活用法

プレスリリースを書く

◎記事になる時期から逆算してメディアに渡す
メディアの締切を知っておくことは大切です。

◎公共性の高い内容であること
自社の商品・サービスを多角的に見てみましょう。
話題になりやすいイベントの開催も効果的です。

◎プレスリリースは広告ではない文章でコンパクトに書く
リリースは、第三者表記が基本です。

◎インパクトのあるキャッチコピーをひねり出すこと
メディアの担当者は大量のプレスリリースを受け取っています。まずは担当者の注意を惹き付けることが肝心です。

◎記事作成者の書きやすさを考慮してリリースを書くこと
実は、 簡単なものだとリリース内容をそのまま書いてしまう人も多いのです。

取材を受ける

◎取材依頼は1本の電話から
対応は迅速に。原稿の締切まで、あまり時間がないことが多いのです。
断るときは理由を説明して丁寧に。礼を失した対応をしていると次回取材の時に電話をかけません。

◎取材をことわった方が良いとき
客が増えることによって、サービスをきちんと提供できなくなるとき。
記事のターゲットと自社のビジネスに関係が見いだせないとき。
その媒体に掲載されることで、好ましくないイメージがつくとき。

◎取材を受ける当日
取材への配慮をする。ライターは潜在的顧客の代表です。資料はきちんと準備しておいて渡す。撮影などもできるだけ配慮する。撮影が不可能なものは、記事用の写真データを用意しておくことが大切。

◎記事の内容
記事内容は基本的にチェックできない。けれど希望があれば伝えてOK。希望通りになるかどうかは、ライターと編集部次第。書いてほしいとこは強調して伝える。何度も言う。一般商品の場合は、サンプルを渡して使ってもらうのも効果的です。

◎広告の営業
多くの人が知らないけれど、記事が出る同じ本への広告掲載は、実は効果が高い。
できるだけ、出稿することをお勧めします。

space
Com Studio
文章および画像の無断使用・転載はおことわりいたします
(c) 2002-2010 JCONNECTION INC
space