アメリカ市場調査 Com Studio in Southern California

| Home | Sitemap |
アメリカ進出支援・市場調査、広報・宣伝・広告・PR  Com Studio in Southern California
  space  
line

わずか1000ドル!アメリカ市場調査ができるWINプログラム

Winプログラム
海外での市場調査って、とても費用がかかると思いませんか?ヘタをすると表紙だけが立派な具体的には何も使えない英語の分厚い調査が送られてきて、数千ドル要求されます。

ところが、アントレプレナーの国アメリカでは、誰でも簡単に市場での可能性を調べられるパッケージ商品があるのです。

その名も、WINプログラム。

正式には、World Innovation Networkという市場調査のプログラムです。行っているのは、ミズーリ州のThe Innovation Institute Center。Southwest Missouri State Universityと協力して、企業や個人が開発した商品の市場調査を行っています。

このプログラムは、Gerald G Udell Ph.Dが、1979年にOregon Universityにて開発し、その後Southwest Missouri State Universityと提携して現在に至っていますが、1990年からは小売業の大手(ウォールマート)とも提携しています。

これまでに、約7,000件の評価実績があります。

このプログラムは、市場性、マーケティング、利益率、安全性、競合性など45項目において評価を行い採点します。点数の高い商品に関しては、商品化を行う機関や、中小から大手までの小売業も紹介してくれます。

このプログラムでは、約2,000社の小売業が各社のニーズ(どのような商品を探しているか)を登録しており、ニーズにあった商品があれば、紹介するシステムになっています。ウォールマートのような大手の流通企業は、常に新しい商品を探しています。

このプログラムに参加してみませんか?
登録、申請代行、調査に関する翻訳。これらをすべて含めて
1000ドルで 承っています。

Winプログラム

評価結果は、点数および評価スタッフからのコメントの二部に分かれています。点数に関しては、下記のように分類され、これまでの7,000件に及ぶ評価結果の割合は下記の通りです。

商品化およびアメリカでの販売の可能性はない 28%
商品化およびアメリカでの販売の可能性は極めて低い 23%
商品化およびアメリカでの販売の可能性は低い 23%
商品化およびアメリカでの販売の可能性はあるが、改善すべき点が多い 5%
商品化およびアメリカでの販売の可能性はあるが、可能性は下である 6%
商品化およびアメリカでの販売の可能性はあるが、可能性は中である 6%
商品化およびアメリカでの販売の可能性はあり、その可能性は高い 8%
その他 1%

プログラムの参加にあたっては秘密保持契約書を結びますので、申込者の許可なくして情報が他社に漏れる心配は一切ありません。
こちらもご覧ください。>>プライバシーポリシー

日本で良く売れている商品でもアメリカで売れるとは限りません。また、日本ではニーズが少なくても、アメリカでは必要とされていることもあります。

アメリカには非常の大きな市場があります。商品に市場性があるのであれば、アメリカ進出の成功も可能性が高くなります。ぜひ隠れたチャンスを探ってみてください。

費用:1000ドル(下記の費用が含まれます)
登録費用+送料(250ドル)
申請代行手数料(250ドル)
申請時の商品の翻訳および評価レポートの翻訳(500ドル)

調査期間:6週間〜8週間

評価の対象:
案だけでもOK(手書きのスケッチ等)
商品化されていないサンプルもOK
すでに商品化されているものもOK
★すでにアメリカで販売されているものは対象外になります。この場合は同様の別プログラムがありますので、お問い合わせください。 >>お問い合わせ

申し込み方法:申込書と秘密保持契約書にご記入の上、お送りください。
>>WINプログラム申込書&秘密保持契約書(PDF)
資料・パンフレット(日本語)やサンプル等をお持ちの方は、別途弊社宛にご郵送ください。
入金確認後に登録を開始いたします。

資料送付先:
JCONNECTION INC.
2401 208th St., Unit C-3, Torrance, CA90501, U.S.A.

お支払い方法:ペイパル(PayPal)もしくはクレジットカード(ペイパル・オンライン決済でクレジットカード決済が可能です)、銀行振り込み
>>ペイパルについて

●評価項目

下記のような評価項目があります。このレポートを日本語に翻訳してお渡しいたします。

社会的な項目
1) 商品の法的な分野、規制、許認可などを含む問題。
2) 安全性:商品の直接の危険性及び使用したことに伴い発生する危険性
3) 環境への影響:公害、汚染、商品材料が自然破壊をともなうかも含む
4) 社会的な影響:良い悪い両サイドの社会的な影響

ビジネスリスクに関する項目
5) 機能面においての商品化の可能性
6) 製造に関する技術的な面、機械の必要性、その他の評価
7) 商品の開発状況
8) 商品化するための投資コスト
9) 投資回収にかかる期間
10) 経費及び投資に対しての収益性
11) 商品化のための市場調査
12) 製造のための調査と開発費用

市場性の分析
13) 市場規模
14) 売上げの見込み
15) 需要(トレンド)
16) 需要の安定性
17) 商品の市場での寿命:競合が出現したり、新しいタイプが開発されたりして商品の売上げや利益が出なくなるまでの期間。
18) 商品ラインの増加の可能性:モデル、サイズ、色、その他

市場の受け入れ
19) 適合性
20) 商品の使用方法などの消費者への説明の難易度
21) 商品のニーズ
21) 依存性:他の商品と併用されたり、目的によって必要とされる物か
23) 商品の鮮明度:消費者は消費を見ただけでその商品が何でありどのように使うかすぐに判るかどうか
24) プロモーション:必要とされる宣伝広告費
25) 流通:流通を設定するためにかかる経費
26) サービス:アフターケアのサービスは必要か

競合性
27) 競合商品との見た目の比較
28) 競合商品との機能性の比較
29) 競合商品との耐久性の比較
30) 競合商品との価格の比較
31) 既に競合商品が存在している場合の市場参入の可能性
32) 新規に競合商品が登場する可能性
33) パテントなどの知的所有権を含む保護

経験
34) 商品化をして販売するにおいて必要とされるマーケティング経験
35) 商品化をするにおいて必要とされる技術面での経験
36) 商品化するにおいて必要とされる財務面での運営経験
37) 商品化するにおいて必要とされるマネージメント経験
38) 商品化するにおいて必要とされる製造経験

商品化のストラテジー
39) ライセンシングの可能性
40) この商品により新しくビジネスを立ち上げる可能性
41) 商品を販売する際の最善のチャンネル

総合的な評価
42) 総合的な問題点
43) 総合的な商品の魅力
44) 総合的なリスク
45) 総合的な期待値

申し込み方法:申込書と秘密保持契約書にご記入の上、お送りください。
>>WINプログラム申込書&秘密保持契約書(PDF)
資料・パンフレット(日本語)やサンプル等をお持ちの方は、別途弊社宛にご郵送ください。
入金確認後に登録を開始いたします。

資料送付先:
JCONNECTION INC.
2401 208th St., Unit C-3, Torrance, CA90501, U.S.A.

お支払い方法:ペイパル(PayPal)もしくはクレジットカード(ペイパル・オンライン決済でクレジットカード決済が可能です)、銀行振り込み
>>ペイパルについて

提携会社:T-Cross Inc.

space
Com Studio
文章および画像の無断使用・転載はおことわりいたします
(c) 2002-2010 JCONNECTION INC
space